田奈駅前ことり内科│生活習慣病│痛風│高血圧

田奈駅前ことり内科

生活習慣病について

生活習慣病について

生活習慣病には、糖尿病、高血圧、脂質異常症(高脂血症)、高尿酸血症(痛風)などがあります。いずれも過食や偏食、運動不足、嗜好品(たばこ・酒など)の摂取過多といった生活習慣の不摂生が主な原因となって起こる慢性疾患であり、生活習慣を見直すことによって予防・改善できる部分の大きいのが特徴です。
日本では昨今、食生活の欧米化やライフスタイルの変化により、生活習慣病が増加の一途を辿っていると言われます。

自覚症状が無くても早めの対策を

生活習慣病は、一つ一つは軽症でも、いくつもの疾患が重なることが少なくありません。そして、疾患が重なることによって相乗的に各症状がひどくなったり、動脈硬化(動脈が硬くなって弾力性を失うこと)を進行させたりして、脳卒中や心筋梗塞などの重大な疾患に結び付き、取り返しのつかない状況にも至りかねません。
そうした深刻な状況を招かないように、たとえ自覚症状が無くても、早めに生活習慣病を改善するための対策を講じましょう。
基本的には、生活習慣病はいずれの病気であっても、やはり生活習慣の改善、特に食事療法ならびに運動療法が治療の中心になります。必要と判断された場合には、薬物療法も併せて行います。

当院の生活習慣病治療

当院は生活習慣病の治療には特に力を入れており、よく患者さんのお話を聞いて、コミュニケーションを密にとりながら診療を進めるように努めています。また、治療方針についても、じっくり患者さんと相談しながら決めていきます(薬物治療に偏るようなことは、けっしてありません)。生活習慣病は長いお付き合いになりがちですが、いろいろな側面から病気と向き合い、トータルな視点で改善(診察)していきます。

患者さんを対象とした「生活習慣病セミナー」も休み時間に開催いたしておりますので、お気軽にご参加ください。

こんな方はご受診をお勧めします

  • 健診などで何かしら検査数値の異常を指摘された
  • 40歳以上である
  • 20歳の頃より体重が10kg以上増えた
  • たばこを吸う
  • お酒をよく飲む
  • 清涼飲料水を常飲している
  • 運動習慣が無い
  • 車を使うことが多く、あまり歩かない
  • ストレスが溜まっている
  • 睡眠時間が十分でない
  • 食生活に問題がある

朝食を抜く、夜遅く食べる、間食が多い、食事時間が不規則、食べるのが早い、濃い味付けを好む、脂っこい料理を好む、ファストフードやインスタント食品をよく食べる、満腹になるまで食べてしまう、など

代表的な生活習慣病

高血圧

血圧の高い状態が続くと、血管壁が圧力によるダメージを受けます。するとこの壁が厚くなったり、硬くなったりする動脈硬化の原因になり、狭心症や心筋梗塞、脳卒中、腎臓病などを引き起こしやすくなります。
診察室で測定した血圧(医師・看護師により測定された血圧)が140/90mmHg以上、家庭で測定した血圧が135/85mmHg以上が、「高血圧」となっております。

診察室血圧に基づく血圧の分類

日本人の死亡原因の1位は悪性腫瘍(がん)、2位が心臓病、そして3位は脳卒中です。心臓病と脳卒中を合わせた死亡者数は全体の1/3を占め、いずれも動脈硬化など血管に障害の起こる病気で、高血圧がもっとも重要な危険因子といわれています。日本の高血圧患者は推定で 4,000万人以上と最も患者数が多い病気と言われ、まさに国民病と言えます。
高血圧の原因は特定されていませんが、遺伝的要因と食生活(塩分の摂り過ぎ)や嗜好品(たばこ・酒など)の摂取過多、運動不足や精神的ストレスなどの環境的要因が重なることによって引き起こされると考えられています。

高血圧の治療

高血圧の治療にあたってまず行うべきは、適正な体重にし、減塩に努め、適度な運動を心がけるなどの生活改善です。
また、医師から薬を処方されたら、指示通りにきちんと服用することも大切です。
一度薬を飲み始めたら、一生やめられないと思っている方が少なくないようですが、だんだんと良くなってくれば減らしたり、やめたりすることも可能です。一度降圧薬を服用し始めたらずっと飲み続けなくてはいけないと考えるのではなく、薬がやめられるように日頃の摂生に努めることこそが大切なのです。
基礎疾患や年齢により、薬の選択、組み合わせ、治療目標は様々ですが、協力してきちんと下げていくことがとても重要です。

  診察室血圧 家庭血圧
「高血圧ガイドライン2014」より
若年、中年、前期高齢者患者 140/90mmHg 未満 135/85mmHg 未満
後期高齢者患者 150/90mmHg 未満
(忍容性があれば140/90mmHg 未満)
145/85mmHg 未満(目安)
(忍容性があれば135/85mmHg 未満)
糖尿病患者 130/80mmHg 未満 125/75mmHg 未満
CKD患者(蛋白尿陽性) 130/80mmHg 未満 125/75mmHg 未満(目安)
脳血管障害患者
冠動脈疾患患者
140/90mmHg 未満 135/85mmHg 未満(目安)

脂質異常症(高脂血症)

脂質異常症は、血液中の脂質(コレステロールや中性脂肪)が慢性的に多過ぎる、または少な過ぎる疾患です。
脂質異常症を放置すると、動脈硬化が進行し、やがては心筋梗塞や脳卒中などを引き起こす原因となります。脂質異常症は、食生活(エネルギー過多)や嗜好品(たばこ・酒など)の摂取過多、運動不足などの環境的要因が重なって引き起こされると考えられています。

脂質異常症の治療

脂質異常症の治療は、生活習慣の改善と薬物療法が基本です。
生活習慣の改善は、血中脂質を下げるだけでなく、動脈硬化の進行防止にも役立ちます。
その主な内容は、禁煙、栄養バランスのとれた食生活、適正体重の維持、適度な運動などです。なかでも特に重要なのが食生活です。こうした療法を継続しても脂質が改善しない場合や、すでに動脈硬化による心筋梗塞、脳梗塞などの発作を起こしている場合などには薬物療法が行われます。

高尿酸血症(痛風)

高尿酸血症とは、尿酸の「産生」と「排泄」のバランスが崩れ、血液中の尿酸が多くなり過ぎている状態です。尿酸は水分に溶けにくく、そのため血液中では尿酸塩として存在しています。尿酸が過剰になると、針状の尿酸塩の結晶ができ、体のあちこちに溜まって、痛みを引き起こします。これが痛風です。ほかにも尿路結石や腎障害、高血圧などの生活習慣病や、動脈硬化を引き起こす原因にもなります。
体の細胞は、毎日の新陳代謝で新しく作り変えられています。その結果、細胞の「核」からプリン体という物質が生成されますが、このプリン体が尿酸の元になります。
また、プリン体はレバー類、干し椎茸、魚卵類、えび、かつお、いわしなどに多く含まれています。そしてアルコール飲料には、尿酸値を上昇させる作用があります。こうした飲食物を好む人は、尿酸値が高くなりやすい傾向があります。

高尿酸血症の治療

高尿酸血症では、当然のことながら尿酸値を下げることが大切です。
食事療法として、プリン体を多く含む食品を控え、バランスの良い食事を摂るようにします。またアルコールは尿酸値を上げる作用があるため、禁酒・節酒を心がけるようにします。特にビールはプリン体を多く含むので、注意してください。また、食事療法と併せ、運動で肥満を解消することも大切です。 ケースによっては、尿酸が体内で生成されるのを抑える薬や尿酸の排泄を促す薬などが処方されます。

医院概要

所在地
〒227-0064
横浜市青葉区田奈町15-4
田奈駅前クリニックビル1階
アクセス
東急田園都市線 田奈駅前
電話
045-532-9368
診療時間 9:00~12:30 14:30~18:30 休診日:水曜・土曜午後・日曜・祝日